マッチレビュー 第2節 アーセナルvsチェルシー

ロンドンの強豪同士の対戦は、指揮官トーマス・トゥヘル率いるチェルシーの強さを感じさせるゲームとなりました。結城康平(@yuukikouhei)が、プレミアリーグ第2節を分析します。
ディ アハト編集部 2021.08.28
読者限定

こんにちは、ディ アハト編集部です。本ニュースレターをお読みくださりありがとうございます。第18回は、プレミアリーグ第2節のレビューをお届けします。ぜひお楽しみください!

また、こちらの記事の全文は「購読登録者さま限定の公開」となります。購読登録をいただきますとディ アハトの新着記事を毎回メールにてお送りいたします。ご登録は無料で、ディ アハト編集部以外からのメールが届くことはございません。

新着記事や限定コンテンツを見逃さないよう、ぜひ下記ボタンよりご登録いただけると幸いです。

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5674文字あります。
  • ◇ハイプレッシングを破壊する、トゥヘル式「3-4-2-1」
  • ◇トゥヘル狙いの型だった「2点目」
  • ◇ルカクがチェルシーに与える武器

すでに登録された方はこちらからログイン

躍進のウニオン・ベルリン。好調の要因を探る
誰でも
「映像自体に不備があった場合」のVAR介入ミスについて考える~セリエA...
誰でも
チーム分析:トッテナム / ジャンニ・ヴィオ[セットプレー]
誰でも
どうなる、オフサイド?~実例動画でわかる、2022年7月のガイドライン...
誰でも
リシャーリソン・ガイドブック~エバートンからトッテナムへ、愛を込めて~...
誰でも
チーム分析:アヤックス / エリック・テン・ハフ
誰でも
チーム分析:トッテナム / アントニオ・コンテ
誰でも
ディ アハト 1周年キャンペーンのお知らせ【購読者限定】
読者限定