マッチレビュー 第5節 トッテナムvsチェルシー

今季から、指揮官ヌーノ・エスピーリト・サントを招聘したノースロンドンの強豪トッテナム・ホットスパーズ。彼らが欧州王者となったチェルシーに挑んだプレミアリーグ第5節は、トーマス・トゥヘルの恐ろしい戦術眼を示すゲームとなりました。
ディ アハト編集部 2021.09.25
読者限定

こんにちは、ディ アハト編集部です。本ニュースレターをお読みくださりありがとうございます。第24回は、プレミアリーグ第5節のレビューをお届けします。ぜひお楽しみください!

また、こちらの記事の全文は「購読登録者さま限定の公開」となります。購読登録をしていただきますと、ディ アハトの新着記事を毎回メールにてお送りいたします。ご登録は無料で、ディ アハト編集部以外からのメールが届くことはございません。

新着記事や限定コンテンツを見逃さないよう、ぜひ下記ボタンよりご登録いただけると幸いです。

***

◇先手で仕掛けた、ヌーノの大胆なハイプレス+ショートカウンター

 トッテナム vs チェルシー。ロンドンを拠点とする2チームは宿命のライバルとしても知られており、互いにプレミアリーグでの上位進出を目指している。

 トッテナムはセンターバックにエリック・ダイアーを起用し、その相方としては23歳のクリスティアン・ロメロが先発した。アーセナルが最終的に獲得した冨安と同様、ビルドアップの局面で強みを発揮することでも知られるアルゼンチン人センターバックは、3バックを主戦術とするアタランタで躍動。今季より、トッテナムに加入した期待の選手だ。同時に新加入選手としてはブラジル代表のエメルソン・ロイヤルが右サイドバックに抜擢。年齢的にはロメロと同年代の22歳は、2017年のトゥーロン国際大会でも注目を集めていた。中盤には今シーズンからセントラルハーフに起用されるようになったデレ・アリとタンギ・エンドンベレを並べ、中央のピエール=エミール・ホイビュアをサポートする布陣を選択することになる。

Sky Sports Statto
@SkySportsStatto
📊 Dele Alli makes his 250th career League app - he has played every minute of Tottenham’s 4 PL games this season, having played only 18% of minutes in PL last season

Tanguy Ndombele makes his 1st PL start since Apr 21
2021/09/20 00:30
26Retweet 358Likes

 CL王者チェルシーは、センターバックにチアゴ・シウバ、リュデガー、クリステンセンの3枚を起用。チームの精神的な支柱としても知られるアスピリクエタがセンターバックではなく「右ウイングバック」として先発し、逆サイドには好調のマルコス・アロンソ。前線の中央には今シーズンよりチェルシーに復帰し、存在感を放つベルギー代表のCFロメル・ルカクを配置し、その両サイドをカイ・ハフェルツとメイソン・マウントが支える布陣となった。

Sky Sports Statto
@SkySportsStatto
📊 Kepa Arrizabalaga makes only his 4th PL start of 2021 & his 1st away PL start since the opening game of last season (3-1 win at Brighton)

Romelu Lukaku has scored 4 goals in 4 apps this season - has scored only once in 13 apps v Spurs
2021/09/20 00:31
31Retweet 396Likes

 駆け引きにおいて、先手として主導権を握ろうとしたのはトッテナムのヌーノだ。ポルトガル人指揮官は同郷のジョゼ・モウリーニョのようにゲームを安定させるのではなく、ドイツ代表のハンス=ディーター・フリックを想起させるようなハイプレスを選択する。

ここで鍵になったのは、ソン・フンミンのポジションだ。ケインがセンターフォワードではなく、クリステンセンの対面となる「左シャドー」でプレーすることでチャンスメーカーとして働きながら、スピードを武器にする韓国代表アタッカーを中央で起用。そして、ロ・チェルソはリュデガーをサイドに誘い出すようなプレーを狙っていた。

Michael Cox
@Zonal_Marking
2021/09/20 21:26
31Retweet 247Likes

 その精密な戦術分析で知られるマイケル・コックスは、The Athleticにおいて「ヌーノはポチェッティーノを彷彿とさせるようなハイプレスで、チェルシー陣内でのボール奪取に成功した」とトッテナムの戦術を表現している。

 ソンを中央に配置したことで、ヌーノは「トーマス・ミュラーがレヴァンドフスキの代わりにファーストプレスを担当するアプローチ」と同様に、運動量とスピードでチェルシーのビルドアップを妨害することを狙っていく。同時にケインがジョルジーニョの周辺から自陣に下がり、起点となるようなプレーを狙っていたのは周到に用意された妙手だ。ケインはフィジカル面の質的優位を活かし、中央のスペースで起点となる。ソンを中央に置くことで成立する強烈なハイプレスとケインを起点に「ソンのオフ・ザ・ボールでの技術を活用する」ショートカウンターを効率的に組み合わせたトッテナムは、序盤からチェルシーの自由を奪うプレッシングで主導権を奪う。

.
@arabtactician
Spurs' pressing shape during the 1st half:
- 3 attackers matching 3 cb's.
- High cm's to press double pivot.
- High fullbacks to press wingbacks.
- 🔑 Hojbjerg behind them to sweep if press evaded, shifting from right to left in half spaces.
#TOTCHE #Spurs #Chelsea
2021/09/20 01:21
9Retweet 35Likes

 ソンが中央で輝きを放てたのには、怪我の功名もある。ハリー・ケインのマンチェスター・シティが報道されたことで、彼はシーズン序盤にセンターフォワードとしてのプレーにも適応する必要があった。それが結果的に、ポジションチェンジした配置でもハリー・ケインと連携する攻撃を可能にしたのだ。

結城 康平
@yuukikouhei
ケインが絶妙に下がりながらプレッシャーを回避して、ソン・フンミンが効果的なポストプレー。ケイン不在時に広がった幅が、ケインを得たことで更に厄介なものになりつつある。
2021/09/20 00:52
0Retweet 6Likes

この記事は無料で続きを読めます

続きは、5671文字あります。
  • ◇ゲームを一変させた「トゥヘルの交代策」

すでに登録された方はこちらからログイン

躍進のウニオン・ベルリン。好調の要因を探る
誰でも
「映像自体に不備があった場合」のVAR介入ミスについて考える~セリエA...
誰でも
チーム分析:トッテナム / ジャンニ・ヴィオ[セットプレー]
誰でも
どうなる、オフサイド?~実例動画でわかる、2022年7月のガイドライン...
誰でも
リシャーリソン・ガイドブック~エバートンからトッテナムへ、愛を込めて~...
誰でも
チーム分析:アヤックス / エリック・テン・ハフ
誰でも
チーム分析:トッテナム / アントニオ・コンテ
誰でも
ディ アハト 1周年キャンペーンのお知らせ【購読者限定】
読者限定